きゃりーぱみゅぱみゅ「ピカピカふぁんたじん」~きゃりー、歌手になるってよ~


きゃりーぱみゅぱみゅピカピカふぁんたじん」(2014)

いまや日本のポップアイコンになった、きゃりーぱみゅぱみゅの3rdフルアルバム。
前作「なんだこれくしょん」はきゃりー自身が醸し出す不思議な世界観と、
中田ヤスタカが作り出す色鮮やかなサウンドがブレンドされた会心作だった。
そして今作「ピカピカふぁんたじん」だが、前作とは明らかに傾向が変わっている。
「歌」を重視した作品。きゃりー、ついに歌手になるといったところか。


まずはタイトルトラックの「ピカピカふぁんたじん」
まるで大作RPGのBGMのようなサウンド。ワクワク感を膨らませる。

ピコピコサウンドと一発で覚えられるサビが特徴の「きらきらキラー」

「正体は誰も知らない 秘密のヒーロー」

きゃりーぱみゅぱみゅとは何者なのか?
謎の多さが彼女の魅力だとは思う。
この曲はメトロック2014でも聴いていたので、すんなり入って来た。

シンプルに良い曲。「ゆめのはじまりんりん -album mix-」
きゃりーの曲には癖が強いものが多い中で、凄くシンプルなポップソング。

「ボクだけの部屋から ゆめのはじまりんりん」

卒業をテーマにしたこの楽曲。彼女も何かから卒業したかったのでは。
いままで、不思議で得体のしれない存在だった彼女が、身近な存在に感じるような。

この曲は、CMでもお馴染み「もったいないとらんど」
1番と2番を繋ぐキーボードプレイがとてもメロディアス。

「華やかな街をゆく明日には消えるキラキラなんて もったいない」

深読みすれば、無駄な電気消費への警鐘を鳴らしているようにも取れる歌詞。
中田ヤスタカさんの言葉選びが光る楽曲。

ハードなギターフレーズが特徴の「シリアスひとみ」
タイトル通り、ダークな雰囲気が漂う曲。
歌詞の内容は、人見知りの事を歌っている。

中田ヤスタカが手掛ける別ユニットcapsuleのカバー「do do pi do」
前作「なんだこれくしょん」にもcapsuleの曲が入っていたけど、入れる必要ないんじゃないかな。
どうしても、手抜きに思えてしまう。

映画版「クレヨンしんちゃん」の主題歌「ファミリーパーティー -album mix-」
耳馴染みの良いポップソング。完全に「歌モノ」。

「キミの宝物も守ってくれてるの みんなの笑顔が壊れないように」

アニメの内容を意識した歌詞だけど、きゃりーぱみゅぱみゅにも当てはまる歌詞。
ポップソングの使命は人々を笑顔にすることだと思うので。

全編英語詞の「Ring a Bell」
歌詞の繰り返しが少しくどいかな。
メロディは親しみやすくて、GOOD。

このアルバム随一の爽やかさを誇る「トーキョーハイウェイ」
サビで駆け抜けていく感じが良い。この疾走感を演出している、裏で鳴っているギターカッティングに注目。

この曲は中毒性がある。和風なきゃりーを見せる「こいこいこい」
きゃりーの声はとても幼い感じがするので、こういう不思議な曲にはマッチしている。

アレンジがとても凝っている「すんごいオーラ -album mix-」
民族音楽を用いたサウンドが特徴的。和風な感じもするし、北欧の感じもする。

「すんごいオーラに包まれた まぶしいくらいの女の子」

この女の子のイメージが、きゃりーぱみゅぱみゅしか思い浮かばないんだけど。

最後は希望に満ちた行進曲「エクスプローラー」

「波を超えて 遠くの大地へ いっぱいのワクワクを知りたいから」

最近では、海外にも積極的に進出している、きゃりーぱみゅぱみゅ。
そんな彼女の気持ちを代弁するような中田ヤスタカさんの歌詞。


いままでのアルバムに比べて、癖の強い楽曲が少なくなり、とても聴きやすい印象。
顕著なのはシングル曲の「ゆめのはじまりんりん」「ファミリーパーティー」で、
両曲とも、きゃりーの歌を邪魔しないようなアレンジとなっている。
より王道のポップソングへ近付いていっているが・・・。

しかし、この路線に進むのは残念な気持ちがある。
いままでの彼女の楽曲といえば、とらえどころのない不思議な歌詞と、
中田ヤスタカさんが作り出すポップだけど、複雑さも兼ねそろえた、一癖あるサウンドメイキングが特徴だった。
そんな癖の強い楽曲をきゃりーが軽やかに歌い踊るからこそ、ポップソングとして成立していた。
しかし、このアルバムの楽曲はきゃりー以外が歌っても成立するイメージ。
彼女が歌う必要性を感じない。

ここ数年、圧倒的な存在感を放っている彼女だが、勝負の時を迎えているように感じる。
良い意味でも、悪い意味でも、大人の操り人形のイメージが強かった彼女が、
年を重ねて、一人の女性として、どういう路線で進んでいくのか。
音楽的には、このアルバムのような「歌モノ」路線にシフトしていくようだ。
案外、あっさり芸能界引退なんて事もあったりするのかな・・・。

評価:C

① ピカピカふぁんたじん
② きらきらキラー
③ ゆめのはじまりんりん -album mix-
④ もったいないとらんど
⑤ シリアスひとみ
⑥ do do pi do
⑦ ファミリーパーティー -album mix-
⑧ Ring a Bell
⑨ トーキョーハイウェイ
⑩ こいこいこい
⑪ すんごいオーラ -album mix-
⑫ エクスプローラー

(下記リンク先から試聴できます。)
ピカピカふぁんたじん - きゃりーぱみゅぱみゅ

(1:23~のギターを掻き鳴らすシーンは、アジカンの「リライト」のPVをイメージしているとのこと)


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる