BUMP OF CHICKEN 「THE LIVING DEAD」~臆病者が掻き鳴らす、勇敢な物語~


BUMP OF CHICKEN THE LIVING DEAD」(2000)

BUMP初のフルアルバム。そして、個人的には最高傑作。
このアルバム登場する人物(動物)は基本的に弱い、でも強い。生命力を感じる。
逆境に負けずに立ち向かう姿を見ると、心が奮い立つ。
正に、臆病者の、臆病者による、臆病者のための音楽。


物語のプロローグとなっている「Opening

「いくつかの物語をプレゼントしてあげる」

このフレーズにもあるように、このアルバムの楽曲はそれぞれが物語になっている。
ちなみにこの曲に出てくる人物は「ラフ・メイカ―」とのこと。

思わず拳を突き上げてしまうメッセージソング「グングニル

「容易く 覚悟の前に立ちはだかりやがって 夢の終わりは 彼が拳を下げた時だけ」

夢を邪魔する奴が、邪魔者なんだよ!
この荒々しさは、いまのBUMPからは想像できない。

絵描きが主人公のポップな「ベストピクチャー

「ねぇ 僕ここで生きてるよ まだ絵を描いてるよ」

認められたくて仕方がない。絵を描くことが存在証明。
一つの物に、ここまで熱中できる主人公が羨ましい。
ベースの直井さんが作曲している唯一の楽曲。

このアルバムの中でも、際立って弱い人物が登場する「続・くだらない唄

「この眼は 余りに 夢の見過ぎで悪くなった」

こんな青臭いフレーズ、初期衝動以外の何物でもない。
そして、衝撃的なラストを迎える。ぜひ、聴いてみてください!

実はBUMPの1stシングルである「ランプ
シングル曲にしては、影が薄いような・・・
Bメロの「ハロー」の繰り返しは、グッドメロディ。

物語調の歌詞の中でも最高傑作と言われている「K
みんなから嫌われる、孤独な黒猫が主人公。そんな黒猫が絵描きと出会う。

「腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を」

例え、優しさでも初めて出会えば怖いんだ。
優しさに出会った猫は「Holy Night」から「Holy Knight」になった。
実は、ギターソロが格好いい曲でもある。

BUMPの曲では珍しいラブソング「リリィ

「低いステージの上 必死で格好つけた」

バンドマンは格好つけてなんぼでしょ。
しかし、包容力のある彼女。どんなことでも笑ってくれる。

8分を超える大作「Ever lasting lie

「Sir Destiny、アンタ、人の命を転がして 大層楽しいだろう?」

こんな歌詞を書けるのは、藤原さんしかいない。しかも、綺麗にメロディに乗せてくる。
長い間奏で、淡々と刻まれる荒いギターが熱い。

ぶっきらぼうな藤原さんのボーカルが印象的な「グロリアスレボリューション

「弱音という名の地雷原を 最短距離で走ってこい 自信という名のスーツは大層丈夫な造りだから」

藤原節が炸裂している。このフレーズを10代で聴いたら、ファンになっちゃうよ普通。

そしてエピローグを迎える「Ending

「少なくとも 君には味方がいるよ プレゼントの物語の中の住民達」

このアルバムを聴けば、たくさんの仲間ができる。
素晴らしい物語をありがとう。


このアルバムはコンセプトアルバムで、全曲が物語風となっている。
BUMP=物語風の歌詞。というイメージがついたのはこのアルバムが影響していると思う。
各楽曲の主人公は苦悩しながらも、それぞれの道を歩んでいく。
時には、傷ついたり、時には、戦ったりを繰り返しながら成長する。
弱い人間が強くなっていく姿は、やはり良いね。

サウンド面では、メジャーデビュー後と比べると荒々しい。(「FLAME VEIN」の時も同じことを書いたけど)
しかし、この荒々しさが勢いを表現していると思う。
現在のレコーディング環境で録音したら、より良いアルバムになるかと言われれば、ならないのではないか。
よく、初期衝動という言葉が使われるけど、このアルバムにはピッタリだと思う。

20歳にして、これほどの名盤を作り上げてしまったBUMP OF CHICKEN。
その後の活躍も当然のように思う。
このアルバムが特別だと思うのは、まさにBUMP OF CHICKEN(臆病者の一撃)という名を表した一枚だから。
その後のアルバムでも、この「臆病者の一撃感」を超えるアルバムはない。
弱者が立ち向かう王道ジャンプ的世界観。若者にはたまらない。
BUMP OF CHICKENというバンドが特別であることを確認できる傑作。

評価:S

① Opening
② グングニル
③ ベストピクチャー
④ 続・くだらない唄
⑤ ランプ
⑥ K
⑦ リリィ
⑧ Ever lasting lie
⑨ グロリアスレボリューション
⑩ Ending

(下記リンク先より試聴できます)
The Living Dead - BUMP OF CHICKEN



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる