新曲「Adventure」で感じた、[Alexandros]の野望

2014年3月28日に[Champagne]から[Alexandros]に改名した4人組バンド。
[Alexandros]になって、初めてのシングルが「Adventure/Droshky!」である。
このシングルの一曲、Adventureがとても良かったので、
聴いて感じたことを書いていく。




最近では、ライブ映えするアップテンポでノリの良いロックナンバーが多かった彼らだが、
この曲は、ボーカルの川上さんが影響を受けているUKロックを意識した曲調。
また、基本的に日本語詞なのもこの曲の特徴。

この曲はギターストロークに乗って、「Hello」を連呼する特徴的なフレーズから始まる。
その中にはこんな歌詞が、

「Hello Hello Hello 以前どこかで Hello Hello Hello お会いしましたか?」

改名騒動を思い浮かべさせる歌詞。多分、お会いしたことあります。

1番のサビでは、

「最大の難題も しめつけられるような災難も いつだって僕達は 君の涙を歌ってきた」

と歌いあげる。
バンド名が変わろうが、バンドの根幹は変わっていない。そんな決意を感じる。

ラストのサビでは、

「大胆な作戦で 言葉にならないマスタープランで いつだって僕達は 君を連れていくんだ」

と宣言する。
彼らのライブを観に行くと、もっと上のステージに行きたいという強い意志を感じることが多い。
その意志が、この歌詞には表れている。絶対に、高い所に連れてってやるからと。
まさに、大胆不敵。これぐらい、生意気なバンドがいても良いじゃん。
(「マスタープラン」というワードに、OASISの傑作B面集を思い浮かべてしまうのだけど、意識しているのだろうか。)

また、後半のコーラス部分はスタジアムロックを意識したような作り。
容易に、ライブで合唱している姿が思い浮かぶ。
[Alexandros]という、歴史上の偉人を思い浮かべさせるバンド名をつけたことからも感じられるが、
ビッグなバンドになって、スタジアムを満員にしてやろうということだろう。

新たなスタートを踏み出すことを、この曲で高々に宣言した[Alexandros]。
野心を持って、ロックをこれからも鳴らし続けていくんだろう。
[Alexandros]名義の初のアルバムが、楽しみである。
さあ、暴走せよ!(Run Away)



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Alexandros]「Adventure/Droshky!」感想

[Alexandros]としての決意―。 Adventure / Droshky!(2014/06/18)[Alexandros]商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる