【ライブレポート】6/14「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ゼップ」@Zepp Tokyo

6/14「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ゼップ」
@Zepp Tokyo


NICO Touches the Walls のライブを観るのは、初めてになります。
メジャーデビュー後のアルバムは全作品聴いていて、いつか行きたいと思っていましたので、念願叶いました。
明日、6/15の公演が「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ゼップ」の最終日となるので、
ネタバレになってしまうかもしれませんが、光村さんいわく、
「明日は全く違う夜になると思います。」
とのことなので、安心してライブレポを書くことにします。


「俺らと遊びませんか!」
という光村さんの言葉が観客を盛り上げたところで、ライブはスタート。

1曲目から、ライブで盛り上がる鉄板曲「THE BUNGY」
スタートから全開のメンバーに呼応されるように、会場も踊り狂う。

続いても、「風人」「チェインリアクション」など、
アップテンポの楽曲を連発。
「チェインリアクション」のツインギターのカッティングの絡みは、ライブで聴くと格好良さを増す。

また、「速度」「SIMON SAID」といった、シングルのB面曲も披露。
光村さんはMCで、
「シングル曲とかアルバム曲とかB面曲とか気にしない 全て同じ気持ちでやっている」
というニュアンスのことを言っていたが、その思いが強く表れているセットリストになっていた。

個人的にグッと来たのは、「アビダルマ」「鼓動」の流れ。
最新アルバム「Shout to the Walls!」からの楽曲だが、
「アビダルマ」で跳び跳ねた後に、メッセージ性の強い「鼓動」を持ってくるという、
アルバムとは逆の流れに、新鮮さを感じた。こういった発見があるのが、ライブの良いところ。

また、突き抜けたポップさを持つ「夏の大三角形」では、
ミラーボールで煌びやかな空間に会場が様変わり。
アウトロの、メンバー全員が打楽器を持っての演奏は迫力があった。

さらに、「大きい会場では、ドン引きされんじゃないかと思っていてやらなかった」という、
インディーズ時代の楽曲「僕がいなくても地球はまわってる」を披露。
デビュー当時の楽曲とは思えないほどの渋さに、このバンドの音楽性の多様さを再認識。

その後は、会場中が、踊り狂った「バニーガールとダニーボーイ」 
途中で、「明日は雨です」(光村)→「えー」(観客)というやりとりがあった、
ロックチューン「ニワカ雨ニモ負ケズ」といった人気曲が続く。

本編ラストは、「ローハイド」
武道館に行く準備は出来てる(8月に武道館ライブを開催する)から来い!
という、光村さんのメッセージを会場中の皆さんが受け取ったと思う。

アンコール1曲目は、新曲「天地ガエシ」
「10年に1人の逸材ができました」という光村さんのMCから、自信のほどがうかがえるこの楽曲は、
カントリーテイストを用いた、キャッチーな楽曲となっていて、今後ライブの定番曲になりそう。
曲終了後には、
「武道館の玉ねぎをひっくり返してきます!」と光村さんが宣言し、
武道館ライブが凄いライブになることを確信させた。

そして、この日最後の曲は、彼らのアンセムといっても過言ではない「手をたたけ」
ハンドクラップが巻き起こり、会場は一つになる。
あっという間の約2時間半だった。


「攻め」の気持ちが強く表れていたライブで、特に武道館に対する思いを強く感じた。
4年前に武道館公演を行った際に、満足いく出来ではなかったとメンバーは感じているのだろう。
武道館へのリベンジするという強い思いを受け取った。

いまのNICO Touches the Wallsなら、武道館公演を成功させることができると、僕は確信している。
平日なので、観に行けないのが非常に残念だけれども。
彼らには武道館が高い「壁」の一つになっているのかもしれない。
しかし、4年前から力をつけた彼らなら必ず凄いライブをやってくれる。

2014年8月19日(火)場所は武道館。壁が壊れる瞬間をあなたは目撃する。

① THE BUNGY
② 風人
③ チェインリアクション
④ 妄想隊員A
⑤ 速度
⑥ image training
⑦ SIMON SAID
⑧ アビダルマ
⑨ 鼓動
⑩ プレイヤ
⑪ 夏の大三角形
⑫ 僕がいなくても地球はまわってる
⑬ 錆びてきた
⑭ 衝突
⑮ GANIMATA GIRL
⑯ バニーガールとダニーボーイ
⑰ ニワカ雨ニモ負ケズ
⑱ ローハイド
encore
⑲ 天地ガエシ
⑳ 手をたたけ

光村さんが今一番聴いてほしい曲と言っていたので、動画貼っときます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる