【ライブレポート】メトロック2014(5/24 Sat)後編~風車の下で音楽が鳴り響く~

20140525161939fbb.jpg
ライブレポートメトロック2014(5/24 Sat) 後編
~風車の下で音楽が鳴り響く~

メトロック2014の初日ライブレポートの後編。(前編はこちらの記事)


午後4時半。「WINDMILL FIELD」で斉藤和義を観る。
一曲目はヒット曲「やさしくなりたい」。
ディレイを用いたギターフレーズが印象的なこの曲を、エモ―ショナルに歌いあげる。
続いても、お馴染みの「ずっと好きだった」。ヒット曲の連発に、会場は熱を帯びていく。
その後は、メトロックにふさわしいバラード曲「メトロに乗って」
渋さが光る「MUSIC」をじっくり聞かせると、
ロックンロールな「カーラジオ」で再び盛り上げる。 
「劇的な瞬間」では、ストレートな歌詞が心に響いた。
そしてラストは代表曲「歩いて帰ろう」で会場を一つにする。
イントロギターリフでの焦らしプレイはもはや鉄板。 
しかし、斉藤さんはゆるキャラで癒されますね。
(MCでThe Birthdayのフジイケンジさんをチンピラと紹介したのには笑った。)

続いては「SEASIDE PARK」のmiwa
遠かったので、顔は良く見えなかったけど、おそらく可愛いかったと思う。
1曲目は「Delight」。まず、声の高さに少し驚く。
その後は、良質ポップソング「ミラクル」で会場中がタオルを振り回すと、
「It's you!」では振付をつけて、会場を巻き込む。
CMでお馴染みの「Faith」、ロックチューン「chAngE」を力強く歌いあげると、
ラストは「ヒカリへ」。エレクトロなサウンドが印象的なこの曲で余韻を残して終了。
完全に佇まいがアイドル。そこらへんのアイドルよりもよっぽどアイドルでした。

夜に備えて、佐世保バーガー(かなりボリューミーでした)を食べながら休憩。
日が暮れて、少し肌寒くなってくる。

そして、改名騒動で話題になった[Alexandros]が登場。
スタートは「Run Away」。一曲目からハイライトと言ってもおかしくないくらい盛り上がる。
さらに「Stimulator」「Waitress, Waitress!」でフロアを踊り狂わる。
ところが、新曲を披露しようとしたところで機材トラブル。そこを改名騒動をネタにして切り抜けると、
インディーズ時代の楽曲というたてつけにして「言え」を投下。
「Kick&Spin」、「You're So Sweet & I Love You」「city」で会場のボルテージは高まるばかり。
ボーカル川上さんも「ステージをぶっ壊す」だの「次のステージに連れてく」など観客を煽りまくる。
そして、本編最後は彼らのアンセムと言っても過言ではない「starrrrrrr」。
合唱が巻き起こり、狂気のアクトが締めくくられる。
アンコールが響くと、すぐに出てきた!
次の会場に移動しながら、アンコールの「For Freedom」を聴く。
フェスには欠かせない存在になったことを確信する、会心のアクトだった。

そして初日のトリは9mm Parabellum Bullet
初期の楽曲「Discommunication」でスタート。会場に燃料を投下すると、
続く「Answer And Answer」、「Living Dying Message」、「Cold Edge」でどんどん加速していく。
新曲「オマツリサワギニ」では和風のギターフレーズが印象に残り、
代表曲「Black Market Blues」では、会場を熱狂の仲間入りさせていく。
中盤では「黒い森の旅人」、「カモメ」といった聴かせる要素が強い楽曲も披露。夜に似合う。
スカ風の「ハートに火をつけて」で会場が踊り狂うと、
「The Revolutionary」「Talking Machine」といった楽曲で、滝さんが暴れまわる。
本編ラストは「新しい光」。

「新しい光の中へ 君を連れていくのさ」

希望に満ちたメッセージで、ラストを飾る。
アンコールに応えて、再び登場すると、
9mmの最初期の楽曲「(teenage)Disaster」を披露。
圧倒的なスピード感のこの楽曲で、最後まで会場を沸かせた。
(ボーカルの菅原さんは、謎の説得力がある。「風車と対決」とか良く分からないけど沸かせる。)

21時すぎに終了。
半端ない足の疲労感、だが、それが良い。
新木場駅までは、タクシーで移動。タクシー会社も入れ食いだとばかりに駅と会場を何往復もしていた模様。

初めての野外フェスは凄く楽しかった。
風車の下にステージがあるのは素敵。中々、見られない光景。
気候もこの時期だといいね。ちょうどいい感じ。
屋台も色々出てて、面白かった。一人で行っても楽しめるんじゃないかな。

今年で2回目を迎えたメトロック。長く続くフェスになってほしい。
来年もぜひ、行きたい!

ちなみに、機材トラブルで聴けなかった[Alexandros]の新曲「Droshky!」
せっかくなので、動画貼っときます。トランペットが入るなど挑戦的な楽曲。



関連記事

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる