KANA-BOON「DOPPEL」~若さ×全力疾走=無限大~


KANA-BOONDOPPEL」(2013)

「KANA-BOON? 最近良く名前聞くよね。ノリが良いだけのバンドでしょ。」
なんて言ってる、そこのあなたに聴いてほしい。

いま最も勢いのある若手バンドと言っても過言ではない KANA-BOON のメジャー1stフルアルバム。
このアルバムがオリコンウィークリーチャート3位を記録。
インディーズ時代のミニアルバム「僕がCDを出したら」よりも、パワーアップした1枚となっている。


①はアルバム一曲目にふさわしい、正に全力疾走といえる楽曲。
歌詞は昔の彼女のことを思い出しまくろうとする。
PVが代表曲の「ないものねだり」と同じ場所で撮影されており、アンサーソングのような形。

②は切れ味鋭いギターリフから始まる楽曲。
印象に残ったのは、2番Bメロのこのフレーズ。

「君が言うように僕はただのどこにでもいる人間なのか?」

ここをシャウトで歌ってからのギターフレーズが格好いい。
デビューしてとんとん拍子で階段を駆け上がる若者が、どこにでもいる人間のはずがない。

③もライブで盛り上がりそうなノリの良い楽曲。
サビ裏のギターフレーズがキレキレで素晴らしい。
歌詞とPVから分かるように、スマホ依存を皮肉った曲。

「現代的で 閉鎖的で そのくせ繋がった気分になるんだって」

繋がった気分になれるだけで、上辺だけの人間がどれだけ多いことか。

④は音楽について歌った曲。

「聞きたくないことばかり聞こえる世界だから そんなものは聞こえないようにしてあげるよ」

音楽の一つの存在意義。

⑤はいままでの彼らの曲とは違って、ダークな印象を受ける。

「毎日毎日、ネクタイで 首が締まって死にそうです」

東京はこんな人で溢れかえっています。

⑥は明るい曲調の一方で、歌詞は中々暗い。

⑦は4つ打ちのリズムが気持ちいい。
歌詞のテーマは目。監視されている気分になってくる。

⑧はメジャーデビューシングルであり、キラーチューン。
歌詞には「平家物語」、「寿限無」を引用するなどやりたい放題。サウンドもどこか日本的。
ギターフレーズとしてはイントロにオクターブ奏法(詳しくはこちら)が曲の勢いを出すのに用いられている。
曲展開も間奏が2回を入れるなど工夫がみられる。

⑨は夜を題材にした曲。
夜になると、色々考えてしまう。でも、この時間が大事だったりする。

⑩は明るい曲調に乗せて、君の存在が歌を歌う理由だと表明する一曲。
歌メロを変形させたギターソロが良い。「ないものねだり」というフレーズが歌詞に入る。

⑪はボーナストラック。ほとんどが英語詞の一曲。
サビでは掛け声が起きるだろう、ライブで映えるに違いない一曲。

基本的には、前作を踏襲したライブ映えする楽曲が中心。
アップテンポな楽曲は力強さを増しており、歌の表現力も多彩になっていて成長。
また、⑤、⑥のようなボーカル谷口鮪さんの内面が窺える、いままでとは違った暗めな曲もある。
前作では個人的に歌詞で引っ掛かるフレーズが少なかったけれど、今作では思わず唸ってしまうものも。

1stフルアルバムとしてはかなりの出来。これぞ若者という青さで最後まで駆け抜ける。
正直羨ましい。その若さと才能に嫉妬してしまうアルバム。

評価:A

① 1.2. step to you
② ワールド
③ ウォーリーヒーロー
④ MUSiC
⑤ 東京
⑥ 白夜
⑦ 目と目と目と目
⑧ 盛者必衰の理、お断り
⑨ 夜をこえて
⑩ 羽虫と自販機
⑪ A.oh!!



このPVは「ないものねだり」と同じ場所で撮影。



関連記事

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる