グッドモーニングアメリカの新曲「inトーキョーシティ」で彼らが次のステージに移行していることを確信した。

2013年メジャーデビューの4人組バンド グッドモーニングアメリカ がメジャー2ndフルアルバムを発売します。
2014年10月22日に発売の「inトーキョーシティ」というタイトルがつけられたアルバムになります。
そして先日、このアルバムからのリード曲になる「inトーキョーシティ」のPVが公開されました。
以前の彼らとは違うシリアスなメッセージ性を持つ楽曲に、彼らの新たな一面を垣間見ました。




タイトル通り、東京に生きる人間の苦悩を書いた楽曲になりますが、
サビで使われている言葉は、中々衝撃的です。

「とはいえ死刑確定者です 生まれた時から」

グドモらしいキャッチーなメロディに乗せて歌われるこのフレーズにドキッとしてしまいます。
メンバー自身が自身を刃物で刺していくPVも衝撃的で、彼らのいままでの明るいイメージからは想像できません。
「自分自身を殺しながら生きていく」というイメージから派生していって「死刑」というワードなのだと思いますが、
このシリアスな楽曲が従来のファンにどのように受け入れられるのか? 

楽曲としては、彼ららしいポップな楽曲。
サビでハンドクラップがあったりなどと、ライブでの盛り上がりもちゃんと意識されています。
ライブではそのパフォーマンスが観客を熱狂させている彼らだけに、
そこら辺の部分はしっかりと内包しつつ、新たな側面も見せようという意図が感じ取れます。

この楽曲が1曲目に来るアルバムがどのようなアルバムになるのか僕自身楽しみです。
ミュージシャンがこのようなメッセージ性を入れてくることに、抵抗を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は賛成です。音楽は表現の一つの手段だと思っていますので。
新たなステージへ挑戦しようとする、彼らの今後に注目です!




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる