FOLKS「NEWTOWN」~無機な音、有機な詞~


FOLKS「NEWTOWN」(2014)

2014年メジャーデビュー。北海道恵庭市出身の5人組バンド FOLKSの2ndミニアルバム。
中心を担うのは元Galileo Galileiの岩井郁人さんと野口一雅さん。
北欧系の美しいサウンドと歌心感じるメロディ。北海道出身バンドの勢いはどうなってるんだ?
今後、スケールの大きなバンドになっていきそうな、個人的に大注目のバンド。


ひんやりとしたサウンドに美しいコーラスが魅力のリード曲「Everything is Alone」
スケールの大きいサウンドはColdplayやU2を思い起こさせる。

「ねえ それでも大人になったつもりかい」

青春を懐かしむような人間味あふれる歌詞が、無機質なサウンドとのギャップがあって面白い。

打ちこみとシンセの音色が印象的な「Two young」
軽快で爽やかなサビはとてもポップ。夏に聴いたら、涼しくなりそうなほど爽やか。

「僕らは恵み野を出て 別々の途を選んで なのに なんだか寂しくて」

地元を離れて、別々の道を歩む。そこには寂しさを伴うけど、成長の証なんじゃないかな。

ダンサンブルで硬質なギターリフが鳴り響く「FOREVER」
何重にも重ねたコーラスが不思議な雰囲気を作り出している。

印象的なシンセのフレーズから始まる浮遊感あるナンバー「Good-bye, friends」

「大抵の友達は 幸せを見つけ始めている 繰り返す日常に 退屈を丸めこんでさ」

幸せを見つけただけで、手に入れたわけじゃないんだよな。
犠牲が伴う幸せに、何の意味がある?

マイナー調のメロディに乗せて、迷いながら生きる人間の様子を力強く歌う「River」
このアルバムの中ではギターが目立つ一曲。しかし、ありふれたギターロックではなく凝ったサウンドメイク。
川の流れに例えて、人生を歌う。結局、流れには逆らえないのか。

ミドルテンポの旅立ちソング「You're right」

「もっと遠くまで行こうぜ 僕ら知らない場所まで」

アルバムタイトル「NEWTOWN」にもかかる歌詞。
地元から離れて、メジャーの世界でやっていくという強い決意を感じる。

まるで森林に迷い込んだような感覚に陥る「Replica」
不思議なサウンドに親しみやすいメロディ。ラストの曲にピッタリな余韻の残る一曲。
しかし、タイトルが「レプリカ」というのは意味深だなあ。


メジャーデビュー作品とは思えないほど、完成されたサウンドメイキング。
メンバー達が好きなUKロック、シューゲイザーといった音楽の影響を受けつつも、
コーラスを多重に重ねたアレンジとポップなメロディで独自の世界観を作り出している。
Galileo Galileiの2ndアルバム「PORTAL」にもこのようなアプローチを感じたが、
さらに研ぎ澄まされて、濃くなっている。こういう音楽をやりたかったのか。

また、歌詞の青さが個人的に好み。
おそらく、フロントマンの岩井郁人さんが同世代なのこともあり、共感を覚えるのだと思う。
年を取って、変わっていくのは寂しいし、地元を離れて、遠くに行くのも勇気がいる。
生きていく限り、不安なんだという当たり前を歌う。まさに「Everything is Alone」。

このバンドは大きな会場の方が輝く気がする。それだけ、スケールの大きさを感じさせるサウンド。
同じ北海道出身のサカナクションのように、メジャーとマイナーの狭間を表現できるバンドだと思う。
いまの若手バンドシーンの中で異彩を放つ存在として、今後も注目していきたい。

評価:A

① Everything is Alone
② Two young
③ FOREVER
④ Good-bye, friends
⑤ River
⑥ You're right
⑦ Replica

(下記リンク先より試聴できます)
NEWTOWN - FOLKS



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる