【ライブレポート】2014/9/13「TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014 〜MEMORIES〜」@愛知県芸術劇場

華原朋美さんの9年ぶりとなる全国ツアーを観に行ってきました!
いわゆる「J-POPの全盛期」を戦ってきた人のライブに行くことは滅多にないのですが、
気分転換のつもりで、参戦しました。
始めに断っておきますと、「I BELIEVE」、「I'm proud」ぐらいしか知らないにわか野郎です。
ですが、僕のような華原さんをあまり知らない人たちでも楽しめるライブ構成でした。


荘厳なクラシック音楽のようなSEが止み、華々しく登場した華原さん。
セットリストはツアー中なので、掲載は控えますが、
代表曲とカバー曲がバランス良く組み込まれたセットリストになっていました。

活動休止中の鬱憤を晴らすかのように、楽しく歌い、ときには踊る華原さん。
その姿にJ-POPの最盛期を駆け抜けた人間のオーラを感じました。
歌声は僕がPVなどで予習して聴いていた歌声と全く同じで、
ライブ後半になっても伸びる歌声はとても力強かった。

合間のMCでは彼女の人間性が窺えた。とにかく自由なのです。
衝動に駆られて、ドラムを叩いたり、ギターを弾いたり、
過去の恋愛ネタを出したり・・・。(もちろんあの人のことです)
そんな彼女を見守る観客の方々の優しい声援。
華原さんも、
「名古屋の人は優しいですね、名古屋の人に生まれたかった」と話すなど、温かい雰囲気に包まれていました。

ライブ構成も色々と考えていたようで、
ホールをクラブハウスのような空間にして、mixで曲を繋いだり、
朗読のパートもあったり(AKB48の渡辺麻友さんの声が聴けます)、
新しい事に挑戦していこうという強い意欲が見てとれました。

10月にカバーアルバムを発売するということで、今後も音楽活動に精力的に取り組んでいく様子。
一人の女性としての生き様を感じるような音楽が聴きたい。
彼女のようなストーリー性を持ったアーティストは貴重だと思うので、
今後も自由奔放な華原さんの活躍を期待しています。


10月発売のカバーアルバムからの一曲。GLAYの「HOWEVER」です!


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

S.S

Author:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。東京都在住。
音楽に生かされている人間です。
どれだけ続くかわかりませんが、邦楽のアルバムレビューをしていきます。

twitterのアカウントあります。
フォローいただけると、嬉しいです!

Feedyに追加
follow us in feedly
S.Sのつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる